日常使いのうつわと暮らしの道具の通販サイト FRANK 暮らしの道具

15,000円(税別)以上で送料無料 15時迄のご注文で当日発送※火曜日、定休日を除く

ショップ内検索

商品カテゴリから選ぶ

うつわの種類で選ぶ

食卓のもの

台所のもの

照明

インテリア雑貨

生活雑貨

衣料品

服飾雑貨

陶磁器の作り手で選ぶ

ガラスの作り手で選ぶ

木工/漆の作り手で選ぶ

染織/布/ホームスパン/刺し子/他の作り手で選ぶ

革の作り手で選ぶ

金属の作り手で選ぶ

和紙の作り手で選ぶ

編み組み品の作り手で選ぶ

絵画の作り手で選ぶ

店長挨拶 気取らないお店にしたい、ざっくばらんにお話したい、そんな思いから二人で考えた名前が
FRANK」です。
大量生産、大量消費でもののあふれる今の世の中、ひと昔前は、一つのものを大事に丁寧に使っていました。
日々の暮らしの中で自分が良いと思うものに、愛着を持って使って頂けるものをお選び頂けたら思っています。
お店では私たち夫婦が、日本の手仕事のもので良いと思うものをセレクトしています。
みなさまの暮らしに寄り添うものになれるものをご提案できたらと思います。

カレンダー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
が店休日です。
発送は翌営業日となります。




|カート
カートの中を見る

|フリーページ
お店について
陶磁器作家の雰囲気で見る
TOP > 染織り・布・刺し子他の作り手で選ぶ > うなぎの寝床【もんぺ】
TOP > 衣料品 > うなぎの寝床 もんぺ
TOP > うなぎの寝床


|うなぎの寝床 久留米絣もんぺ 綿モール 無地 冬用 厚手 モスグリーン 送料無料
型番 kjzun163633
販売価格 15,400円(税込)
エリア別送料を確認する
在庫数 残り在庫 2
購入数
オプションの在庫・価格の詳細はコチラ
15,400円(税込)
在庫なし

 ⇒ お気に入り商品一覧へ

九州、福岡県八女のお店うなぎの寝床さんが福岡県筑後市にある久留米絣織元「久保かすり織物」と共同開発したモール糸を使ったMONPEです。

定番の久留米絣MONPEの中にも太い糸を使った厚地の生地がありますが、より肌寒い季節に着られる地厚で目の詰まった久留米絣として、風合いや肌触り、着用しての暖かい木綿の織物として、綿モール糸を緯糸に使用した生地を開発しようと考えられました。

モール糸とは、全体に毛羽のある糸のことを言い、このMONPEに使っているモール糸は糸2本を毛羽となる別糸を挟むように撚糸し、その糸先をカットしています。

久留米絣では風合いを保つために糸の種類や糸の大きさ(糸番手)と糸本数(密度)の組合せはおおよそ決まっていますが、今回は新たに綿モール糸を使用し、久留米絣が持つ大事にしたい風合いを保ちながら番手と密度の組合せを探り綿モールの久留米絣の最初のモデルが出来ました。

重さで比較すると定番もんぺ180g、厚手250g、本商品280gと
温かい素材で厚い生地を使用している事が分かります。

【サイズ】
(cm表記)   S      M     L

ウエスト   64〜96   65〜102   68〜108

ヒップ   80〜95   87〜98   92〜110

パンツ丈  95.5    97    101

わたり   61     67    71

股上    31     32    35

股下    64     66    67

ふくらはぎ  36     38    41 (裾から25cmの高さの寸法)

裾幅    32     34    40


※男女兼用で膝下が特に細めの形をしています。
運動をしている方などはふくらはぎがぴったりになる場合が多いのでワンサイズ上をおススメしております。

【綿モールMONPEの仕様・特徴について】
・モール糸を使用していますので、経年により毛羽の抜け等が発生します。
・着用にて同じ箇所に力が入ると毛羽が倒れてきます。
・モール糸の脱落や飛び出しが発生することがあります。

【久留米絣のこと】
久留米・八女・広川・筑後を中心に発展してきた伝統工芸である久留米絣。経糸と緯糸を括り・染め・紡ぎできる模様は古典的なものから、現代的なものまで幅広くあります。それぞれの工房で特徴があり、藍染手織りから、機械織りの化学染料染めまで技術と得意とする分野は多様です。

このもんぺに関しては機械織り・化学染料染めの工房の生地を使用しています。理由は2つです。
1.藍染、手織りの久留米絣は色・肌触りがよく、さらに使い込むほど風合いが増していく良い生地ですが、もんぺに仕立てた場合に価格が高くなりすぎるのが難点です。手織りほどの着心地は得られませんが、化学染料染め・機械織りの生地を使うことでコストをおさえ、日常着としてお楽しみ頂けるように仕立てています。
2.化学染料は様々な色が作れるのが特徴です。藍だけでは出せない豊富な色・柄の生地ができるので、洋服にも合わせやすく現代のファッションに取り入れやすいもんぺが仕立てられます。






この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける


|お気に入り商品一覧

|最近チェックした商品


>